プーケットタウン周辺をドライブ

セントラルプーケットでお昼を食べた後、
プーケットタウンを目指します、
その後は地図下のシャロン寺院へ。


バイクに2人のりしつつ両手に荷物を持つ人を、
転んで急にひかないよう注意しつつ走る。
アジアっぽい感じがしますね。


オールドタウンのグラビ通りにさしかかる。
一番通りたかったタラン通りへと続く道だが、
来た方向から(西から)だと一方通行と分かり、
予定変更して別ルートへ。


Wat Mongkhon Nimit(仏教寺院)の前を通過。
色使いが派手。


シノポルトギースの建物がプーケットタウンには多く見られる。

シノポルトギースとは中国文化と欧州文化が融合したもの
東西建築デザインの融合がプーケットタウンには沢山。

その東西カルチャーの融合の街並みを見たくて、
プーケットタウンに到着。
道に駐車スペースをみつけて、
止めたけど外はかなり暑い。
コンパクトな街でもあるけど次男の体調不良を考え、
そのまま街を軽くドライブだけすることに。


ラサダ通りの様子。
今回通れなかったけどやはり、
クラビ&タラン通りがシノポルトギース建築が集まるエリアな感じ。


噴水広場のラウンドアバウト。
ここを曲がってプーケットタウンから別の場所へ。


思っていたよりも綺麗な車(日本車多し)が沢山。
バイクの横に荷物を載せるサイドカーを作ってあるバイクも多数。


バイクのレンタル屋やバイク屋らしき店の前には、
写真の矢印の下にあるようなビンを多く見かけました。
中身はガソリン。
スタンドが近くにない場合やちょっと入れたいときには、
ビン1本分をタンクに投入するシステムのよう。
ビンはそこらの空き瓶を使っている雰囲気でしたね。


街の外でも色鮮やかな建物が。
ドライブ中は車内から(妻が)撮っている写真ですが、
車に日差しが強いのでフィルムが貼ってあり、
色が少し違って見えています。


幹線道路を走っていて発見。
何の案内だろう?


幹線道路からシャロン寺院に入るところ。
「本当にここなの?」というほどサラッとしていて通りすぎそうでした。
次は寺院を見に行きます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました