パトンの街を軽く散策

早朝一人で近場をグルっと1周はしましたが、
今度はみんなで活動開始。


こんな感じでパトンの近場のみですが、
現地の視察へでかけます。


まずはバングラ通りからスタート。
夜になると歩行者天国となりネオンと爆音轟く妖艶な通り。
でも昼は爽やか。


パイナップルのバックを発見。
日の出ているうちは、お土産屋などもある通り。
発見したときが買いどきと、
値段交渉をして買うことに。

ケチで値段交渉というよりは、
もともとふっかけているのを、
交渉して買うのを楽しむという感じ。
何だかんだで半額ほどに(物にもよるかと)。


食べ物飲みものを道で売っている人が多数。
この手の店で買うときは現金が必要です。


せっかくなのでココナッツを飲んでみる。
目の前でパカッと割ってくれました。
初ではないけどやっぱりそこまで甘くなく、不味くなく、美味くもない。
ようするに微妙な味。
喉乾いているときにはいいかもね、栄養はどうなんでしょうか?。

1月のタイ(プーケット)は乾季でベストシーズン。
この日も気温は30度を超えて歩いているだけで暑い。
まだ歩き出してすぐだったけど、
もっと汗をかいているときなら、
より美味しく飲めたかな。
利尿作用があるようなので、トイレだけ少し心配。

バングラ通りを抜けると、

パトンビーチに到着。
街にあるビーチだからあまり綺麗じゃない、
という情報(イメージ)があったけど、
十分に素敵な感じ。

上の写真とは反対側↓

ジェットスキーのレンタルで遊んでいる人も。
ホテルから水着で来て、
そのままホテルに帰る人も多数みかけました。
ちなみに現地の人に聞いたら,
海岸のトイレは有料とのことで。


パトンビーチ前にあったパトンマップ。
きっと主要な場所なのだろうが、
ほとんど通り過ぎた程度。


お昼近くなり何となく発見したレストランで食事。
辛くないようにお願いと注文したので、
どれも美味しく頂けました。

パイナップルの器にドライカレーが、
ミスター味っ子のアニメ第5話
必殺パイナップル・カレー」を思い出す。
でもカレーとパイナップルの組み合わせ本当に美味い。
モッツァレラチーズとトマトくらいよく合う。

ビール(シンハー)を注文すると、
暖かくならないように?
スポンジでくるんで持ってきてくれますよ。
レストランはカード払いOK。


さらに歩いて行くと、路面のフルーツ屋を発見。


あまりにも喉が乾いていたのと、
綺麗そうなお店だったのでシェイクを買ってみる。
「現地の氷なんだよなぁ」とは思ったけど、
以前に行ったフィリピンのセブ島と比べて、
→・セブ・マクタン島(2018、10月)
同じリゾート地でもプーケットのほうが格段に安心できて、
その安心から買ってみることに。


皆でシェイクを飲みつつプラプラと。


色々なお店がありますが、
マッサージ屋も多く(外に沢山店員さんがいます)、
「やってかな〜い」と声をかけられたり、
ベビーカーに乗っている次男によってきては、
キャッキャするマッサージ店の女性が多数いました。
子供にも優しい感じの街ですね。


ラトゥチット・ソンロイ・ビー通りの様子。
日本とは違う建築や色使いがいい感じ。


タイ語以外にも英語、漢字の表記が多く、
全体的に何の店かは分かる感じ。

2019年にできた、
高級ショッピングセンターとなるセントラルパトンを軽く見た後、

プーケット最大のショッピングセンターとなる、
ジャンクセイロンへ。


ジャンクセイロンの名前の由来となっている船。
ここでウォーターショーもあるらしい。
(と書いていて今、知りました)
とにかくデカイ、デカすぎてここだけで1日終われます。
海外で服や小物のショッピングにはそこまで興味がないので、
かなりザックリだけ見つつ、


併設されているBig C(スーパーマーケット)へ。
海外に行った際は必ず現地のスーパーへ行きます。
お土産も土産店で買うより安いし、
現地の文化や様子も分かってとても楽しめます。


タイ料理の素みたい。
お土産に買いました。


3才、1才の子供がいると外での食事は面倒なので、
夜ご飯用に食べられる物を買って帰ることに。


試しに(左の)肉を買ってみたけど、美味かった。


フルーツも豊富。


ドリアも売っていました(匂いで買わず)。


レジは海外によくある品物を並べるタイプ。


2020年1月1日より、プーケットではレジ袋の無料配布が終了しています。
先日夜に行ったセブンイレブンもそうなっていました。
出かけるときは、レジ袋をお忘れなくっ。

夕方はホテルのプールでひと遊び。
The Lantern Resorts Patongには、
屋上と、下(写真は下)と2カ所のプールがありました。
小さいけど、子供が遊ぶには十分ですね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました