ラグーナエリアのホテルへ移動

The Lantern Resorts Patongチェックアウトの日。

朝起きるとお腹の調子がとんでもなく絶不調、
トイレとかなりのお友達に。
次男に続き、長男、妻は嘔吐。
私だけ嘔吐はないのですが、
家族全員で調子が悪くなる自体に突入。
疲れや、暑さ、シェイク(氷)に果物、
辛くないようにとお願いしてはいたものの、
食べ慣れない香辛料等、
諸々にやられた様子ですね…。


チェックアウトまで寝て過ごすも回復ならず。
時間となり荷物の移動。

荷物を車に入れ、
ちょこっとだけ買うものがあり、
(親はどうにか動けました)
近くのジャンクセイロンへ。
本当にササッと買い物をして、
車に戻りホテルを移動。


運転途中ビューポイントなどもあったけど、
お腹の調子や子達の様子で止まれず、
次のホテルとなる、
サンウィング バンタオ ビーチへとにかく直行。


チェックインを済ませ、何とかギリギリ無事部屋に到着。


プール直結の部屋を選んだけど、
回復せずプールの使用は不可となる。


ホテルの医務室へ行き相談すると、
ポカリスエットのような物の粉をくれました。
それを水と混ぜて飲んだけど、まずいっ。
それでも普通の水よりはいいので飲みつつ、
手足の痺れや、寒気を感じながら
全員でとにかく寝ることに。


15時のチェックインから夕飯も食べずひたすら寝続け、
次の日となる23日朝。

相変わらずとんでもない下痢は続いていましたが、
悪寒や手足の痺れや熱はなくなりました。

そこで、
一人部屋を抜け出し朝食会場などもの確認も含め、
ホテルをグルッとしてみることに。


ホテルの前はビーチ。
かなりサラサラな砂で気持ちがいい。


ホテルのある「ラグーナエリア」はのんびりとした場所、
ゆったりとホテルで過ごすスタイルですね。


食事会場を発見、
砂浜からすぐの場所。


このサンウィング バンタオ ビーチは子連れに優しいホテル。
小さな子供用プールや、


遊び場もありますよ。


水分だけでもと、
せっかくなので雰囲気を味わいに朝食会場へ。


ホテルのキャラクターなのか?
も歩いていました。
子供に優しいホテルなので子連れ家族が沢山。


朝食後、
子供達はチェックアウトまで再びお休みに。

気分だけでもと、
プールサイドで少しリラックス。

普段ゆったり過ごすことがないので、
リゾートホテルで「のんびり」の予定が、
リゾートホテルで「ぐったり」に。
本当に何もしないで、寝てるだけとなりました。

夕方には飛行機で帰国になるので、
荷物をまとめてチェックアウト。


コメント

タイトルとURLをコピーしました