プーケットへ

少し遅めの正月休みを利用して、
タイのプーケットを視察に行ってきました。

妻と3歳長男、1歳9ヶ月の次男も一緒に渡泰。
事前の準備としては飛行機を1ヶ月前に予約し(タイ航空)、
宿は2週間ほど前にagodaにて予約。
前年となる2019年の5月にバルト三国の視察を行ったのですが
バルト三国まとめ
そのときに三国をレンタカーで巡るために国際免許を取得していまして、
その有効期間(1年間有効)が残っていたから
レンタカードットコムにて車は5日前くらいに手配。
後はざっとグーグルマップで何があるかを調べた程度で、
当日を迎えました(時間がとれなかったから)。
私も妻も英語は話せず、もちろんタイ語も分かりませんが、
そんな人達でも個人手配で毎回どうにかやっています。


ササッと見たいあなたは、
動画でどうぞ。
禅からの動画での情報が届きやすよう、
チャンネル登録もして頂けたら嬉しいです


成田空港から出発。
タイ航空は第一ターミナル(だったかな)。


まずはバンコクまで。
飛行時間は約7時間。


次男がグズったりすると1番後ろに連れて行って歩かせたり、
CAさん達に優しくしてもらったり、おもちゃなども頂きました。
子供がおとなしくしないときは、
とりあえず1番後ろに連れて行って、
だっこやおんぶ、外を見せたりと飛行機はそんな感じでのりきっています。


バンコクのスワンナプーム空港に到着し、
飛行機を降りてからスグの様子。
写真のように乗り換え案内があります。
赤矢印のところに乗り換えの文字(transfer)を発見っ。
EAST50m、WEST830m(遠い…)とあるけどどっちなの?
いきなりの迷子。


何となくWESTかもと830mを移動。
行った先で「こっちではないよ」と係りの人に聞いて知りました。
再度830m戻りEASTかと思えば、そこも違う。

で結局は、

写真に右上にある緑色の矢印の場所。
飛行機を降りてスグというのが結局のところ。
どうやら黄色の表示は国際線の乗り換えだったようで、
バンコクからプーケットは国内線なので、
白い文字の案内が正解だったよう。
ゲートをパスして国内線のりかえ場所へ。
ここでタイに入国ですね。
親指以外の4本の指紋と顔写真を取られる。
しかし広い空港だなぁ。

とりあえず搭乗ゲートを確認しようと、
今度は国内線の搭乗ゲートを通過。
ここで子供用の飲み物だよと麦茶を見せたら、
「水のみOK」ということで飲み物は没収。
今まで色々な空港で「子供用と言えば、ほぼ飲み物はOK」だったので、
勉強になりました。
今度からは水にしよっと。

乗口まで行くとそこには自動販売機もなく、
子供に喉乾いたとせがまれる。
妻のリュックに飛行機でキッズミールを注文したらついてきた、
ココアとオレンジジュースがなぜか?没収されてなく、
(リュックに入れて出し忘れゲートを通過)
何とか喉を潤すことができました。
チェック体制が厳しいのか、ザルなのか。


本当は乗り換え場所にある店を見たかったのだが、
国内線乗口ゲートを通過した先はトイレと椅子だけしかなく、
時間が余ってしまったのでSIMカードをチェンジ。
事前にAmazonで買っていまして
お得な2枚セット!【AIS】タイ プリペイドSIM 8日間 データ通信無制限 100分無料通話つき
840円くらいだったかと(しかも2枚で)。
Wi-Fiレンタルするよりは、断然こっちがいいですね。
auのiPhoneXをSIMフリー化していまして、
カードの差し替えのみでタイ国内(もちろんプーケット)でネットが可能に。
3GBまでは高速で使えますよ。


スワンナプーム空港を出発。


スワンナプーム空港からプーケット空港までは、
約1時間30分。


この国内線に乗るときにシールを貼られます。
INTERNATIONAL BAGGAGE CLAIM)
このシールが目印になって、


プーケットに着いたらシールと同じ絵の方向に進めば大丈夫。


進んだ先でも、バックの絵の方向へ。


荷物が出るまでの時間を利用して両替を。


2020,1,19日のレートはこんな感じ。
いいのか?よく分からないけど、
だいたい現地で交換したほうがお得(なはず)。
ここで日本円1万円をタイのバーツに交換。
この旅でのレートは1バーツ=約3、6円。
空港内はパスポートの提示をしないで、
何も書かずに1万円を渡しただけ。
日本だと諸々記入もしないといけないから、とても楽。

ちなみにですが、
スワナプーム国際空港→プーケット空港は国内線ですが、
荷物が出てくるのは国際線バゲージクレーム
服にシール貼られて(INTERNATIONAL BAGGAGE CLAIM)
「あっちだよ」と表示されているから間違えることは少ないと思いますが、
国内線のバゲージクレームに行っても出てこないので、ご注意を。


国際線の出口(左手)からでてスグにレンタカー屋が数件あります。
予約したレンタカー屋がない場合は、
国内線出口にあるかも?しれませんよ。


自分はウロウロするのが嫌だったので、
国際線出口にある(と調べておいた)ヨーロッパカーにて借りました。


諸々手続きを終えて、車を返す場所の説明を受ける。
忘れないように記録として撮ったもの。
「返却場所に着いたら電話して」とのことだけど、
英語もタイ語も話せないのにハードル高ぇな、まぁ何とかなるか。


今回の車、日産エクストレイル。
毎度のことだけど、海外は頼んでいた車とは別の車がやってくる。
今回は日本未導入のホンダのSUVに乗ってみたくて頼んでいたけど、
こっちのほうが気持ちだけ大きいから良しとするかね。
チャイルドシートも2つ借りたので安心。
タイは右ハンドルで日本と同じ通行帯。
左折だけは、信号が赤でも行ってよし。
そんな程度の知識でゴー。


信号機の時間がやけに長く、そこで渋滞する感じ。
みんなけっこうスピード出していて、
車間距離も短め。

とりあえず、ホテルを目指します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました